内臓脂肪ってなんだろう?

よく健康番組で病気の原因になるとか言われている内臓脂肪。この内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲についた脂肪のことです。

 

内臓脂肪が過剰にたまると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまいます。そして、内臓脂肪は、よく聞くメタボリックシンドロームにも関わっています。

 

つまり、内臓脂肪は落とした方がいいものなのです。内臓脂肪の落とし方として、運動や食事によるものがあります。まず、運動ですが、運動の中でも有酸素運動が有効です。

 

そして、定期的に有酸素運動を行うことが大事です。ウォーキングや軽いジョギング、スイミングといった運動を20分を目安に行いましょう。

 

また、ウォーミングアップやクールダウン時にストレッチを行うことも有効です。とにかく血行をよくするように心がけてください。

 

そして、運動とともに大事なことは食事です。まず食べ過ぎはやめましょう。食べ過ぎをやめるためには、よく噛んで食べることが大事です。

 

それにより、満腹中枢を刺激し食事の量が自然と減ります。そして、早寝早起き、朝・昼・晩三食をしっかり食べること、また伝統的な和食といったバランスの良い食事をとることが内臓脂肪を落とすことにつながります。

 

内臓脂肪を付けてしまうことは健康の大きな弊害になります。適切な運動や食事を行うことが健康につながるのです。